×

CATEGORY

HOME»  体験する

又吉コーヒー園で「体験する」

コーヒー豆収穫体験

コーヒー豆焙煎体験

又吉コーヒー園が4年間かけて、やんばる東村慶佐次で生産に取り組んできた沖縄産のコーヒーの初収穫が始まり、一般来場者の収穫体験プログラムの提供を開始しました!
生産量が少なく、とても貴重な沖縄産のコーヒー豆を収穫して、世界に一杯・自分だけのコーヒーを飲むことができます。
すべてガイドが丁寧にご案内いたしますので、初めての方も、お子様も安心してご体験いただけます。

体験のながれ

  1. 農園でのコーヒー収穫作業
    農園でコーヒーの果実を手摘みします。
  2. 生豆の加工 ~ 焙煎作業
    実から豆を取り出し、殻を取って焙煎します。
  3. コーヒーを淹れて楽しむ
    焙煎した豆をミルで挽き、ドリップします。収穫したてのコーヒーをお楽しみください。

開催期間

毎年11月~4月
*上記の記載に関わらず、収穫開始の遅れや収穫期の早期終了などにより、予告なく期間を変更する場合がございます。

スタート時間

1回目 10:00~
2回目 12:30~
3回目 15:00~

*各回とも最大定員 8名
*団体・グループでお申込みの場合は8名以上でのプログラム実施も可能です。電話でお問い合わせください。

コースと料金

◆収穫体験&焙煎体験コース 1名 6,000円
  → 2017初収穫記念特別価格 1名 3,000円

  • 体験所要時間:120分
  • 自分で収穫した摘みたての沖縄産コーヒー豆を焙煎して味わう希少体験コースです。

※焙煎体験については「コーヒー豆焙煎体験」の内容をご覧ください。
※外国産生豆は当店が厳選したスペシャルティコーヒーを使用。
※お子様がご一緒に体験する場合、料金は不要です。お子様が単独で収穫・焙煎する場合は1名分の料金を頂戴します。
※上記の料金はすべて税込です。

お申込み受付

電話でご予約ください。
電話番号 0980-43-2838
受付時間 9:00~17:30

ご利用規定

キャンセルのご連絡
お客様のご都合によるキャンセルのご連絡は、体験日より3日前の夕方までに電話でご連絡をお願いいたします。その場合のキャンセル料金は不要です。
連絡なしのキャンセルについては、料金の全額をご請求申し上げます。

当園からのキャンセルについて
コーヒーの生育状況により、ご予約当日のプログラム実施が困難な場合があります。その場合はご予約の体験日より5日前の夕方までに当園からキャンセルの連絡をさせていただきます。
また、台風や悪天候などでプログラム実施が困難な場合、ご予約日前日の夕方までに当園からキャンセルの連絡をさせていただきます。
上記のケースによるお客様の旅程変更などにかかる損害については、保障いたしかねますので、あらかじめご理解をお願いいたします。

コーヒー豆焙煎体験

コーヒー豆焙煎体験

コーヒーの生の豆を自分で焙煎して、挽いて、飲む。
コーヒー好きな方には是非体験していただきたいです。
ご興味のある方は是非ご自身で焙煎した手作りコーヒーを楽しんでみてください。
自分好みの焙煎具合が見つかるかもしれません。
やんばるの森のコーヒー農園で焙煎体験を楽しんで、自分で淹れたコーヒーで一息。いかがですか?

体験料金と詳細

焙煎体験 1名 2,000円

  • 体験所要時間:60分
  • コーヒーの生豆を焙煎して、淹れたてのコーヒーをお楽しみください。

※生豆は当店が厳選した外国産スペシャルティコーヒーを使用。
※お子様がご一緒に体験する場合、料金は不要です。お子様も独自に単独で体験する場合は1名分の料金を頂戴します。
※上記の料金はすべて税込です。

お申し込み方法

事前のご予約が必要です。
お電話でお申し込みください。
ご希望の日時と人数をお知らせください。
TEL: 0980-43-2838

コーヒー焙煎体験の内容

ロースト
乾燥したコーヒーの生豆を専用の手網で焙煎します。
カセットコンロの上で、火の距離に注意しながら煎っていきます。
浅煎り、中煎り、深煎り、お好みの状態で火から下ろします。
豆が冷めるまで、しばらく待ちます。
 

コーヒー豆焙煎体験

ミル
ハンドミルをお好みの粗さに設定します。
ハンドルを滑らかに回しながら、煎った豆を挽きます。

コーヒー豆焙煎体験

ドリップ
挽きたての粉をドリッパーに移します。
ドリップポット(先細の専用ケトル)から湯をひと回しします。
粉が膨らむのを見ながら20秒ほど蒸らします。
蒸らした粉に、螺旋を描くように回しながら湯を注ぎます。
膨らんだ粉が再び沈み込むタイミングで次の湯を注ぎます。
2~3回に分けて湯を注ぎます。
最後の湯を注いだら、あまり間を置かずドリッパーの中の湯が少なくなる前に、ドリッパーをカップから外します。
(こうすることでコーヒーにえぐみが移ることを防げます。)

コーヒー豆焙煎体験

CATEGORY

CONTENTS